Breaking News: Trump Hits Back at Pelosi, Threatening Her Trip to See Troops
ビジネス

知っておくべきステッカープリントの基礎

ステッカーの商用利用を計画しているなら、出来る限り高品質なものをデザインおよび印刷できることが重要になります。少なくとも、デザインに対し何をしなければいけないかや何をしてはいけないか、また、特に販売を考えている場合やマーケティングに使う場合は人々に訴えかけるステッカーに使われる正しい材質は何かは知っておく必要があります。 

そこで知っておかなければいけないステッカープリントについての基礎知識をいくつかご紹介します。 

1.プロセスカラー 

よく知られている色の表現方法としてRGBとCMYKがあります。この二つの違いはカラーパレットに色を作るベースカラーが違うというものです。RGBは赤、緑、青を使いますが、CMYKはシアン、マゼンタ、イエロー、黒を使います。二つが作る色の種類は少し違います。ステッカーをデザインするとき、印刷色に相違がでないよう、必ず一般的にプリンターが利用しているCMYKを使ってデザインを行っているか確認してください。もしRGBでデザインし、CMYKで印刷してしまった場合は、画面上と違う色になるため、思っていたものと違うものができあがることがあります。 

RGBおよびCMYKの欠点としては、どちらも大きい面積のベタ塗りが苦手という事です。代わりに大きなエリアにはPANTONEカラーを利用する方法もありますが、RGBとCMYKよりもかなり高価となります。 

2.大きな単色エリアを分割する 

高価なPANTONEカラーの利用を避けるためには、作成デザインにご周囲ください。もし大きなベタ塗りエリアがあれば、安価できれいな仕上げにしたい場合は小さいパースに分割し別の色を利用してください。 

3.仕上げ 

選択した仕上げとステッカーに使用した用紙やインクの種類との互換性に注意してください。利用できない組み合わせが一部にあります。ステッカー自体の利用方法も考慮してください。例えば、屋内や屋外のどちらで使用するかどうかといったことです。適切な仕上げは用途によって異なることがあります。 

4.専門的に印刷 

印刷プロセスの知識がいくらあったところで、適切な設備が無ければ欲しい交クオリティなステッカーを手に入れることはできません。なので、一般的なプリンターでプリントしようとはせず、きちんとした設備が整ったプリントサービスを行うところで依頼してください。プリントサービスは短時間で大量の製作ができるという点にも優れています。詳細についてはここをクリックしてください、https://www.kiasuprint.com/cheap-sticker-label-printing-service-in-singapore/products/。 

Related posts
ビジネスマーケティング

アジアの競争の激しい技術業界におけるSEO戦略

ビジネス

インドネシアにあなたの食品を輸入する方法は?

デザインビジネスブランディングマーケティング

どのようにフェミニズムのようなブランディング機関の恩恵を受けていますエージェンシー?

ビジネス

オフィススタンプのビジネス上の利点

Sign up for our Newsletter and
stay informed